一人暮らしの部屋を決定する

希望の大学に合格して、初めての一人暮らしをすることが決定した。全てが初めてのことなので、何もかもが新鮮に感じられた。一番の思い出、一人暮らしの部屋探しを振り返ってみる。

一人暮らしを高層マンションで

お待ちかねの物件に到着した。こんなに高層マンションだとは思わなかった。見た目は高級そうに見える。初めての一人暮らしをするには豪華すぎるかな。オートロックを開けてエレベーター前まで進んだ。集合ポストの数もすごい。ここ何階建てなんですか?15階建てになってます。エレベーターであがり8階に到着した。さすがにここまであがると、見晴らしがいい。イメージしてた一人暮らしとは、まったく異質だけどすごくいい感じ。

一人暮らしに似つかわしくない

ガチャ、部屋の中に入るとも日当たりがものすごくよく眩しい。カーテンがないので、すごい見晴らしだ。この景色だけ見れば、学生の一人暮らしには似つかわしくない豪華さだ。ただ営業マンが言っていた通りに、収納がないので荷物が増えたら、ものすごく狭くなりそうだ。さらに一人暮らし用の小さいキッチンが部屋の中にあるせいで、より狭く感じる。ここって何帖ですか?6帖ありますが、玄関の手前まで含めての広さになってます。

一人暮らしの部屋決定

冷蔵庫はキッチンの下に小さいのが付いてますよ。それにしても狭いな、これだとベッドとテーブルを一緒には置けないな。初めての一人暮らしなので、慎重に考えよう。10分ほど悩んだけれど、やっぱり2件目に見たとこに決める事にした。やっぱり3つ目は狭すぎてやっていけないと思った。親も一人暮らしの初期費用が安くすんで、喜んでるみたいだし、いいところが見つかって本当に良かった。こうして初めて部屋探しは無事に完了した。